南アルプス市観光協会スタッフぶろぐ  

2017年1月17日

本日ご紹介させて頂くのは、南アルプス市で「甲州かるた凧」を作り続けて40年以上の凧師、山本武夫さんです✩
私自身、こんなに大きな凧を間近で見たことがなかったので、その大きさと美しさにはとても驚きました!(*^^)
”かるた凧”は、その名のとおり、かるた札のように四角四面の凧です。
バランスをとるのが難しいかるた凧…山本さんが最終的にたどり着いた秘訣は、凧の骨組みである”竹ひご”だそうです。
親子かるた凧作り教室なども行っている山本さん…凧にそそぐ愛情は計り知れません。
山本さん手作りの凧は、山梨県地場産業センター”かいてらす”で販売もしておりますのでお土産にいかがでしょうか。
4月29日に行われる「甲州たこ上げ祭り」にも甲西地区の手作り凧が大空を舞います!

001003
こちらは、山本さんの作業所内の様子…展示してある凧はいづれも一度はあげて大空を飛んだ凧。

014007
甲州かるた凧保存会の顧問の山本さん。多数のたこ上げ大会に出場した際の記念のバッチ…ハワイなど外国の大会にも出場したそうです。

 

2017年1月15日

本日1月15日、南アルプス市西南湖地区に伝わる獅子舞が奉納されました。

IMG_4566


この行事は明治20年ごろに道祖神祭の厄払い行事として始まり、西南湖獅子舞保存会の手によって、現在に受け継がれています。
その後、下市之瀬地区から舞を伝承され、演目を増やしていったことから下市之瀬の獅子舞と同じく段物を舞うことに特徴があります。 (下市之瀬地区では今年1月7日に獅子舞が行われました。)

重要文化財の安藤家住宅で毎年成人式の頃舞われていますが、昭和49年当時の甲西町の文化財に指定され、その後南アルプス市の文化財として指定されています。

獅子舞は1日がかりで地区内を巡り、正午過ぎに安藤家住宅で舞を披露しました。

IMG_4562IMG_4567

 

獅子舞の様子は【南アルプス市観光協会YouTubeチャンネル】でもご覧になれます。

 

◆南アルプス市観光協会YouTubeチャンネル◆

https://youtu.be/8TwzP1pggb4

 

2017年1月14日

写真 2017-01-13 15 40 38

温室ハウスに移された様子。

初日ですが、バケツに水を張ったら心なしか大きくなった気がします・・・。

ぬくぬくと育ってきれいな花を咲かせるといいな~。

 

2017年1月13日

南アルプスの山々に雪雲がかかる寒空の下、市内の農園において”桃の枝”を拾い集めました。

写真 2017-01-13 11 14 58

剪定ばさみを使って長さや形を整え、次々とバケツに入れていきます。

写真 2017-01-13 11 15 09写真 2017-01-13 11 15 17

集めた枝は温室ハウスでじっくりと加温され、やがてきれいな花を咲かせます。

写真 2017-01-13 11 15 31

花の咲いた枝は3月上旬をめどに、各地で行う観光PRの際、『南アルプス市からの春の便り』として皆様のお手元にお渡しします。

※配布イベントの予定は後日ホームページ上で告知します。

桃の枝の成長は定期的にホームページやFacebookでも紹介していきますので、温かく見守りください!!

 

2017年1月11日

写真 2017-01-10 15 30 51

道の駅しらねの奥に八ヶ岳。

ここ3日間は快晴が続き、先日の雪もすっかり溶けました。

 

 

写真 2017-01-10 15 31 07

逆光ですが櫛形山もよく見えます。

 

写真 2017-01-10 15 32 10

富士山と大城寺。

道の駅しらねの南側歩道橋上からの撮影です。

 

<<前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 次のページへ>>