南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

ライチョウ



 学名:ライチョウ Lagopus mutus ライチョウ科 Tetraonidae
 本州中部のアルプスなど標高およそ2,500m以上の高山帯に生息しています。ライチョウははじめ北方に広く棲んでいましたが、氷河期とともに南下し、再び地球が暖かくなったときには大陸から独立してしまったので高山に残されたものです。昭和30年に「国の特別天然記念物」に指定されています。
 生活史は、まず4月につがい形成がおこなわれ、5月から繁殖期に入ります。やがて交尾が行われ、雄が見張りをする間に雌は巣作りと産卵を行い、7月上旬にふ化し、雛はすぐに歩いて餌をついばみます。雄は家族と離れて雄同士で群れをつくります。従って雌のみが雛を育てます。やがて、10月には雛は一人前に成長し、ここで家族は離散します。
 南アルプス北部では北岳、間ノ岳、農鳥岳などいわゆる白根三山をはじめ、仙丈ヶ岳、駒ヶ岳、鳳凰三山などに分布します。

詳細
  • 活用と保全の留意点/現状で利用可能
    白根三山の稜線付近に生息しているため、登山する必要があります。観察ポイントもありません。国立公園なので森林法、希少動物保護条例があります。マイカー不可。
  • 関連施設/北岳山荘
  • 法指定の状況/国指定特別天然記念物
  • 住所・連絡先/山梨県南アルプス市芦安芦倉