南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

甲斐犬(かいけん)



 甲斐犬は大正の末期頃、虎毛の日本犬として発見されています。甲斐犬の特徴として体高は32~51cm、体重は12~24Kg、耳はやや長く、四肢は強健で飛節が発達し、尾は差尾又は巻尾、毛は虎模様で粗剛。血統が山野にクマ、イノシシ、シカなどを追う山犬だけに、猟にかけては特に優れており、また警察犬や番犬としても物覚えのよさ、主人への服従の点からも優れていると云われています。
 甲斐犬の原産地は山梨県南アルプス市、早川町、上九一色村、牧丘町、甲府市宮元などの山間僻地にのみ限られていますが、中でも南アルプス市のものが最も勝れていると云われています。
 減りつつある甲斐犬ですが、甲斐犬の優れている性質を認めて、昭和9年1月22日に文化財保護条例によって、「生きた天然記念物」に指定され、その繁殖と保護に力をいれています。

詳細
  • 活用と保全の留意点/現状で利用可能
    南アルプス市芦安地区に飼っている人がいます。
  • 法指定の状況/国指定特別天然記念物
  • 住所・連絡先/南アルプス市観光協会 055-284-4204