南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

大日如来及四波羅蜜菩薩坐像(だいにちにょらいおよびしはらみつぼさつざぞう)



 宝珠寺にある甲斐源氏加賀美遠光のころの像で、次男長清ゆかりの地に残される。貴重な天台密教の仏像郡です。
 五智如来(ごちにょらい)とよばれていた宝珠寺の五尊は、平成3年に国の重要文化財に指定される際に、大日如来(だいにちにょらい)をとりまく四尊の手の結び方特徴があることにより、大日如来及四波羅蜜菩薩像(だいにちにょらいおよびしはらみつぼさつぞう)と呼ばれるようになりました。

詳細
  • 活用と保全の留意点/条件付きで利用可能
    駐車場はありますが、大型バスは不可。実際に見るには南アルプス市教育委員会に連絡・交渉が必要です。
  • 関連施設/宝珠寺(ほうじゅじ)
  • 法指定の状況/国指定彫刻
  • 住所・連絡先/山梨県南アルプス市山寺950 南アルプス市教育委員会 055-282-7777