南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

2017年7月11日

北岳山荘より、7月9日の情報が入りました。ご確認ください。

【天候】  視程全方位良好・東の弱風  最低気温 7度・最高気温 17度
  9時     晴れ     16℃    
    15時     晴れ     15℃

【 北岳山荘情報】 (混雑予測等)
   ・幕営地...幕営可能ですが、ほとんどの幕営地が雪の下です。あらかじめご了承願います。
・7/15~7/17の3連休に伴い異常混雑が予想されており、全ての予定者に対して、異常混雑に伴う睡眠不足者を無くすため、利用日変更をお願いしています。安全登山のため、3連休はもちろん、夏の週末はできるだけ泊まらないでください、翌日の登山(下山)は、不眠に伴い大変危険となります。
・9名未満の利用者数の方については、予約は不要。緊急時連絡を受け付けるため、現地への電話はできるだけ避けてください。

【 登山道及び高山植物の開花状況】
 ●植物
・キタダケソウ 満開から散り始め
・ウラシマツツジ、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ、キバナシャクナゲ、オヤマノエンドウ 満開
・ミヤマオダマキ、チョウノスケソウ、チシマアマナ、クモマナズナ 5分咲き
・ヤツガタケタンポポ、シロウマオウギ、イワウメ、コメバツガザクラ、シナノキンバイ、ミヤマシオガマ、コイワカガミ、
ミヤマムラサキ・アオノツガザクラ 咲き始め

●登山道
・前回の情報と変わりはなく、雨が少なく雪どけが進んでいません。
・大樺沢から八本歯のコルにかけては、ほとんど道が出ていません。また、雪が固く、チェーンスパイクあるいはアイゼン無しでは、怪我をします。転んだ際、滑り落ちない様、手元にはストックやピッケルをお持ちください。下は暑いですが、雪渓の登下山時には、怪我防止のため長袖の上下を着用ください。装備に余裕のある方は、落石が増える時期ですから、ヘルメットをお持ちください。雨天時や霧雨の際は、落石がありますので、登下山に大樺沢ルートを使用しないでください。
・北岳山頂経由で北岳山荘に向かう場合、北岳肩の小屋を13時までに出発してください。それ以後の方は、肩の小屋に宿泊願います。
・農鳥岳方面に向かう場合・・・大門沢小屋へ向かう場合→7時までに北岳山荘を出発すること。
・農鳥小屋へ向かう場合→12時までに北岳山荘を出発すること。
※農鳥小屋から先の登山道については、必ず農鳥小屋で確認し、情報を得て出発すること。

図1図2
大樺沢二俣付近の様子。台風で大量の木が倒木。流されていた。

図3図4
左が大樺沢より八本歯のコル方面。右は右俣コース、アイゼンが必要。(左)
大樺沢上部二俣付近の様子。ルートは左。左奥の雪が途切れるところからアイゼンは不要となる(右)

図5
上部二俣より二俣を見る。

図6図7
キタダケソウ トラバース道では、満開のことろもあります。

図8図9 
ミヤマムラサキ(左) ハクサンイチゲとミヤマシオガマ(右)

図10図11 
シナノキンバイの群生(左) ミヤマキンポウゲ(右)


2017年7月 3日

北岳山荘より 7月2日現在の情報です。

【天候】
視程全方位20~50m、北西の中風
最低気温8度、最高気温11.5度
     9時     霧        9度
   15時  小雨  10.5度

・現在開設準備中のため、通常のサービスはできないが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可。
・幕営地・・・無雪箇所に10張程度可
・週末のご予約されるお電話を数多く頂いており、全ての予定者に対して、週末の異常混雑に伴う睡眠不足者を無くすため、一人でも多くの週末利用変更をお願いしており、既に多くの方にご協力を得ている。9名未満の利用者数の方については、予約は不要。

【登山道】
・前回の情報と変わりはない。雨が少なく雪どけが進んでいない。
・北岳山頂経由で北岳山荘に向かう場合、北岳肩の小屋を13時までに出発頂きたい。13時以後の出発になる場合は、肩の小屋宿泊をお願いしたい。
・農鳥岳方面に向かう場合・・・大門沢小屋へ向かう場合→7時までに北岳山荘を出発すること。・・・農鳥小屋へ向かう場合→12時までに北岳山荘を出発すること。
※農鳥小屋から先の登山道については、必ず農鳥小屋で確認し、情報を得て出発すること。
・大樺沢二俣から上部・・・変わらず雪多く、落石が増えてきている。登山道は出ていない。特に霧や雨の際は雪固く落石が増えるため、通行を控える必要がある。
下りについては、軽アイゼン不可。雪は固く急峻であるため、滑ると数十メートル止まらない。長距離滑ると雪上の落石に当たり、大怪我をする。

【高山植物】
・キタダケソウ 見頃~散り始め
・ウラシマツツジ、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ、キバナシャクナゲ、オヤマノエンドウ 満開
・ミヤマオダマキ、チョウノスケソウ、チシマアマナ、クモマナズナ 5分咲き
・ヤツガタケタンポポ、イワオウギ、イワウメ、コメバツガザクラ、シナノキンバイ、ミヤマシオガマ、コイワカガミ、ミヤマムラサキ・ツガザクラ 咲き始め

天候は下り坂の予報です。天気を確認し、無理のない登山計画を!!
山岳観光案内所をご利用ください。
http://www.minami-alpskankou.jp/2017/06/post-1972.html

0702北岳山頂・間ノ岳方面0702トラバース道
北岳山頂・間ノ岳方面(左) トラバース道(右)

0702イワベンケイ0702キタダケヨモギ
イワベンケイ(左) キタダケヨモギ(右)

0702ツガザクラ0702ミヤマムラサキ
ツガザクラ(左) ミヤマムラサキ(右)


2017年6月30日

北岳山荘より、6月29日現在の情報です。

【気象特記】  視程全方位500~1000m 西の風微風
  最低気温 5度 最高気温 13.5度
    9時 曇り 10度
  15時 曇り 12度

【北岳山荘情報】
・現在開設準備中のため、通常のサービスはでいないが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可。
・幕営地・・・無雪箇所に10張程度可

・週末のご予約されるお電話を数多く頂いており、全ての予定者に対して、週末の異常混雑に伴う睡眠不足者を無くすため、一人でも多くの週末利用変更をお願いしており、既に多くの方にご協力を得ている。9名未満の利用者数の方については、予約は不要。

【登山道及び高山植物の開花状況】
●植物
・キタダケソウ、ウラシマツツジ、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ、キバナシャクナゲ、オヤマノエンドウ満開
・ミヤマオダマキ、チョウノスケソウ、チシマアマナ、クモマナズナ 3分咲き
・ヤツガタケタンポポ、イワオウギ、イワウメ、コメバツガザクラ、シナノキンバイ、ミヤマシオガマ、コイワカガミ、
ミヤマムラサキ 咲き始め

●登山道
・前回の情報と変わりはない。雨が少なく雪どけが進んでいない。
・天気を確認し、無理のない山行を計画して頂きたい。
・北岳山頂経由で北岳山荘に向かう場合、北岳肩の小屋を13時までに出発頂きたい。13時以後の出発になる場合は、肩の小屋宿泊をお願いしたい。
・農鳥岳方面に向かう場合・・・大門沢小屋へ向かう場合→7時までに北岳山荘を出発すること。農鳥小屋へ向かう場合→12時までに北岳山荘を出発すること。

※農鳥小屋から先の登山道については、必ず農鳥小屋で確認し、情報を得て出発すること。

・大樺沢・・・雪多く、落石が増えてきている。特に霧や雨の際は雪固く落石が増えるため、通行を控える必要がある。
下りについては、軽アイゼン不可。雪は固く急峻であるため、滑ると数十メートル止まらない。
長距離滑ると雪上の落石に当たり、大怪我をする。

図1図2
ヤツガタケタンポポ(左) ミヤマオダマキ(右)

図3図4
クモマナズナ(左) チョウノスケソウ(右)

図5図6
チシマアマナ(左) 肩の小屋から北岳山頂には雪はありません(右)

図7 
小太郎分岐点


2017年6月26日

北岳山荘から、6月25日現在の小屋付近の情報です。
  ★余裕ある行動計画で安全な登山を!
  「早立、早着」が原則です!山荘には15時までに到着を!

【天候】  視程全方位200m、時々雨、最低気温5度、最高気温10度 
    9時  霧  10.0℃
 15時  霧    8.5℃

【北岳山荘情報】  開設期間中の連絡先 ☎090-4529-4947
・現在開設準備中のため、通常のサービスはでいないが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可。
・幕営地・・・無雪箇所に10張程度可
・安全登山の為に山荘への到着を15時までとお願いしているが、15時以降に到着される登山客が多い状況。
 24日(土)は、テント含め53名の利用を頂いたが、うち46名が16時以後の到着であった。
 また、25日(日)には、夕方到着の一人が低体温症の寸前であった。
危機意識を持って入山する方の少なさに驚きと落胆を感じる。
・登山口と稜線での気温差があり、低体温症になる寸前という登山者も見受けられる状況にあり、安全に登山のできる服装等持ち物の再確認をお願いするに併せ、万一の事態に備え、14時から15時の間にはどこかしらの山小屋に到着する計画を徹底されたい。
・週末のご予約されるお電話を数多く頂いており、全ての予定者に対して、週末の異常混雑に伴う睡眠不足者を無くすため、一人でも多くの週末利用変更をお願いしており、既に多くの方にご協力を得ている。9名未満の利用者数の方については、予約は不要。

【登山道の状況】
・前回の情報と変わりはない。雨が少なく雪どけが進んでいない。
・天気を確認し、無理のない山行を計画して頂きたい。
・北岳山頂経由で北岳山荘に向かう場合、北岳肩の小屋を13時までに出発頂きたい。
13時以後の出発になる場合は、肩の小屋宿泊をお願いしたい。
・農鳥岳方面に向かう場合・・・大門沢小屋へ向かう場合→7時までに北岳山荘を出発すること。
・・・農鳥小屋へ向かう場合→12時までに北岳山荘を出発すること。
※農鳥小屋から先の登山道については、必ず農鳥小屋で確認し、情報を得て出発すること。

・大樺沢・・・雪多く、落石が増えてきている。霧や雨の際は雪固く落石が増えるため、通行を控える必要がある。
下りについては、軽アイゼンでは困難。雪は固く急峻であるため、滑ると数十メートル止まらない。 長距離滑ると雪上の落石に当たり、大怪我をする。

【高山植物】
・キタダケソウ、ウラシマツツジ 満開
・ミヤマキンバイ 8分咲き
・キバナシャクナゲ、オヤマノエンドウ 5分咲き

12
ミヤマキンバイ(左)キバナシャクナゲ(右)

34
ハクサンイチゲ(左)キバナシャクナゲとオヤマノエンドウ(右)

56
オヤマノエンドウとミヤマキンバイ(左)イワベンケイ(右)

78
中白根手前から(左) 中白根頂の雪(右)

910
間ノ岳手前から(右・左とも)

11
間ノ岳山頂から北岳方面


2017年6月23日

北岳山荘から、6月22日現在の小屋付近の情報です。
【天候】  
    9時  晴れ  13.0℃
 15時  晴れ  13.0℃

【北岳山荘情報】 開設期間中の連絡先 ☎090-4529-4947
現在開設準備中のため、通常のサービス提供はできませんが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可です。
幕営地・・・無雪箇所に10張程可。
週末の宿泊・・・北岳山荘への問合せが多く、全てのお客様に安全登山のため、夜寝れないほどの週末宿泊を避けていただいております。登山道状況、天候なども考慮に入れ、特に週末宿泊を予定されている方については予定の変更をお願いいたします。

【登山道の状況】 雪多し
〇大樺沢 広河原~二俣 途中から雪渓。特に問題なし。
〇大樺沢左俣 二俣~八本歯のコル 雪多し。落石多し。雨天時、濃霧時は通行不可。要アイゼン、ピッケル、要滑落停止技術。
〇大樺沢右俣 二俣~小太郎尾根(右俣コース) 数か所雪多し。要アイゼン。
〇広河原~白根御池 特に問題なし
〇白根御池~小太郎尾根(草すべりコース)数か所雪多し。要アイゼン。
〇稜線 ほとんど雪無し。北岳山頂~吊尾根分岐点間に10mの雪壁有り。
〇北岳南東斜面(トラバース分岐点から北岳山荘間)残雪有る箇所は急峻かつ長距離の滑落となる。心配の方は迷わず稜線へ。
※総合的に雪の急斜面歩行が不安な方は、白根御池小屋・北岳肩の小屋をご利用ください。
※北岳山荘に宿泊すると、荒天時に否応なく大樺沢を下るしかない状況となることも考慮願います。
※25日(日)から天候が悪化する予報です。林道通行止め情報にも注意ください。

【高山植物】
〇キタダケソウ・ウラシマツツジは満開。
〇キバナシャクナゲ・ミヤマキンバイ・オヤマノエンドウ...咲き始め。

21
北岳南東斜面トラバース道(雪は切ってありますが要注意)

37
山頂直下傾斜(左)と小太郎尾根直下(右)現在はかなり溶けていますが要注意

85 
稜線上にほとんど雪はありません。北岳山荘付近トラバース道は途中から雪に埋まっています。稜線へ出てください。

910 
キタダケソウは満開。オヤマノエンドウも咲き始めです

1213 
ウラシマツツジも満開です。
※雪は例年の2倍、昨年の10倍の残雪です。


<<前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次のページへ>>