南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

2017年6月26日

北岳山荘から、6月25日現在の小屋付近の情報です。
  ★余裕ある行動計画で安全な登山を!
  「早立、早着」が原則です!山荘には15時までに到着を!

【天候】  視程全方位200m、時々雨、最低気温5度、最高気温10度 
    9時  霧  10.0℃
 15時  霧    8.5℃

【北岳山荘情報】  開設期間中の連絡先 ☎090-4529-4947
・現在開設準備中のため、通常のサービスはでいないが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可。
・幕営地・・・無雪箇所に10張程度可
・安全登山の為に山荘への到着を15時までとお願いしているが、15時以降に到着される登山客が多い状況。
 24日(土)は、テント含め53名の利用を頂いたが、うち46名が16時以後の到着であった。
 また、25日(日)には、夕方到着の一人が低体温症の寸前であった。
危機意識を持って入山する方の少なさに驚きと落胆を感じる。
・登山口と稜線での気温差があり、低体温症になる寸前という登山者も見受けられる状況にあり、安全に登山のできる服装等持ち物の再確認をお願いするに併せ、万一の事態に備え、14時から15時の間にはどこかしらの山小屋に到着する計画を徹底されたい。
・週末のご予約されるお電話を数多く頂いており、全ての予定者に対して、週末の異常混雑に伴う睡眠不足者を無くすため、一人でも多くの週末利用変更をお願いしており、既に多くの方にご協力を得ている。9名未満の利用者数の方については、予約は不要。

【登山道の状況】
・前回の情報と変わりはない。雨が少なく雪どけが進んでいない。
・天気を確認し、無理のない山行を計画して頂きたい。
・北岳山頂経由で北岳山荘に向かう場合、北岳肩の小屋を13時までに出発頂きたい。
13時以後の出発になる場合は、肩の小屋宿泊をお願いしたい。
・農鳥岳方面に向かう場合・・・大門沢小屋へ向かう場合→7時までに北岳山荘を出発すること。
・・・農鳥小屋へ向かう場合→12時までに北岳山荘を出発すること。
※農鳥小屋から先の登山道については、必ず農鳥小屋で確認し、情報を得て出発すること。

・大樺沢・・・雪多く、落石が増えてきている。霧や雨の際は雪固く落石が増えるため、通行を控える必要がある。
下りについては、軽アイゼンでは困難。雪は固く急峻であるため、滑ると数十メートル止まらない。 長距離滑ると雪上の落石に当たり、大怪我をする。

【高山植物】
・キタダケソウ、ウラシマツツジ 満開
・ミヤマキンバイ 8分咲き
・キバナシャクナゲ、オヤマノエンドウ 5分咲き

12
ミヤマキンバイ(左)キバナシャクナゲ(右)

34
ハクサンイチゲ(左)キバナシャクナゲとオヤマノエンドウ(右)

56
オヤマノエンドウとミヤマキンバイ(左)イワベンケイ(右)

78
中白根手前から(左) 中白根頂の雪(右)

910
間ノ岳手前から(右・左とも)

11
間ノ岳山頂から北岳方面


2017年6月23日

北岳山荘から、6月22日現在の小屋付近の情報です。
【天候】  
    9時  晴れ  13.0℃
 15時  晴れ  13.0℃

【北岳山荘情報】 開設期間中の連絡先 ☎090-4529-4947
現在開設準備中のため、通常のサービス提供はできませんが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可です。
幕営地・・・無雪箇所に10張程可。
週末の宿泊・・・北岳山荘への問合せが多く、全てのお客様に安全登山のため、夜寝れないほどの週末宿泊を避けていただいております。登山道状況、天候なども考慮に入れ、特に週末宿泊を予定されている方については予定の変更をお願いいたします。

【登山道の状況】 雪多し
〇大樺沢 広河原~二俣 途中から雪渓。特に問題なし。
〇大樺沢左俣 二俣~八本歯のコル 雪多し。落石多し。雨天時、濃霧時は通行不可。要アイゼン、ピッケル、要滑落停止技術。
〇大樺沢右俣 二俣~小太郎尾根(右俣コース) 数か所雪多し。要アイゼン。
〇広河原~白根御池 特に問題なし
〇白根御池~小太郎尾根(草すべりコース)数か所雪多し。要アイゼン。
〇稜線 ほとんど雪無し。北岳山頂~吊尾根分岐点間に10mの雪壁有り。
〇北岳南東斜面(トラバース分岐点から北岳山荘間)残雪有る箇所は急峻かつ長距離の滑落となる。心配の方は迷わず稜線へ。
※総合的に雪の急斜面歩行が不安な方は、白根御池小屋・北岳肩の小屋をご利用ください。
※北岳山荘に宿泊すると、荒天時に否応なく大樺沢を下るしかない状況となることも考慮願います。
※25日(日)から天候が悪化する予報です。林道通行止め情報にも注意ください。

【高山植物】
〇キタダケソウ・ウラシマツツジは満開。
〇キバナシャクナゲ・ミヤマキンバイ・オヤマノエンドウ...咲き始め。

21
北岳南東斜面トラバース道(雪は切ってありますが要注意)

37
山頂直下傾斜(左)と小太郎尾根直下(右)現在はかなり溶けていますが要注意

85 
稜線上にほとんど雪はありません。北岳山荘付近トラバース道は途中から雪に埋まっています。稜線へ出てください。

910 
キタダケソウは満開。オヤマノエンドウも咲き始めです

1213 
ウラシマツツジも満開です。
※雪は例年の2倍、昨年の10倍の残雪です。


2017年6月20日

北岳山荘から、6月18日現在の小屋付近の情報です。
【天候】 全方位視程良好
    9時  曇り  3.0℃
 15時  曇り  5.0℃

【北岳山荘情報】 開設期間中の連絡先 ☎090-4529-4947
現在開設準備中のため、通常のサービス提供はできませんが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可です。

【登山道の状況】
〇二俣より上部は例年よりやや多い残雪。二俣より下部は例年並み。御池小屋及び二俣より上部は要ピッケル、アイゼン。
〇大樺沢 今後落石が増える可能性が高い。霧や雨天時は通行を控えるよう周知が必要。また残雪が多く、上部は急斜のため雪上歩行に慣れない方は御池小屋経由、肩の小屋方面のルートをとる必要がある。
※農鳥小屋より 西農鳥岳先の登山道残雪状況が良くない。縦走者は農取小屋に寄り、状況を確認してほしい。

【高山植物】
〇キタダケソウは三分咲き。
〇ミヤマキンバイ、ウラシマツツジ、オヤマノエンドウ...咲き始め。

図2図3
キタダケソウは三分咲き

図1図4
鹿保護柵付近から小屋方面の眺め(左) トラバース道の状況(右)

図5図6
トラバース道の状況

図8図7
トラバース道の状況

図9
トラバース道付近のキタダケソウ


2017年6月16日

北岳山荘より、6月15日現在の小屋付近の情報です。

【天候】 早朝は強風、その後回復し晴天
  9時  晴れ   7.0℃
 15時  晴れ  11.0℃

【北岳山荘情報】
現在開設準備中のため、通常のサービス提供はできませんが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可です。

【登山道の状況】
〇稜線上は雪も無いですが、トラバース道には一部雪渓あり。(ステップきってない)

【高山植物】
〇キタダケソウが咲き始めました(稜線上、トラバース道、鹿柵周辺)
〇他にもミヤマキンバイ、ウラシマツツジ、オヤマノエンドウ、イワベンケイなどが咲き始めています。

図1図2
6月13日 大樺沢

図3図4
6月13日 キタダケソウ

図5図6
6月13日 ウラシマツツジ(左) 6月14日 ミヤマキンバイ(右)

図7図8
6月14日 オヤマノエンドウ(左) イワベンケイ(右)

図9
6月14日 トラバース道の雪渓


2017年6月12日

北岳山荘より、6月12日現在の小屋付近の情報です。

【天候】  北西の強風
    9時  曇り   5.0℃
 15時  晴れ   3.0℃

【北岳山荘情報】
現在開設準備中のため、通常のサービス提供はできませんが、宿泊及び食事可。飲料等の購入可です。

【登山道の状況】
〇特に変化ありません。例年よりやや多い残雪状況です。
〇トラバース分岐点から北岳山荘間、大樺沢二俣から広河原間は未整備です。
〇トラバース分岐点からは吊尾根分岐点経由北岳山荘への稜線を歩行願います。
〇広河原から大樺沢二俣間は、白根御池小屋を経由して歩行願います。

【高山植物】
〇ミヤマキンバイ・キタダケソウが咲き始め。

①-2①-3
①-4②-3

③-1③-4
④-2④-1

②-2


<<前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次のページへ>>