南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

2018年6月16日

北岳山荘情報  ~平成30年6月14日~ 提供元 北岳山荘

【天候】  最低気温 2℃   最高気温 14℃
 9時  晴れ  11℃  全方位良好
15時  くもり  10℃   全方位1㎞

【北岳山荘情報(混雑予測等)】
・朝晩の冷え込みには防寒具が必要。
・各山小屋が準備で入り始めた。登山道の確認は最寄りの山小屋及び広河原インフォメーションセンターへ(15日以後)

【登山道及び高山植物の開花状況】
●登山道
・八本歯のコル~北岳山荘間の巨石が落ち、通行止めが解除となった。
・稜線上はアイゼン不要。大樺沢上部以外は、軽アイゼン若しくは無しで通行可。
・北岳山荘と中白峰間で登山道が崩落しているが、歩行は可能。
大樺沢下部(白根御池小屋分岐点~二俣間)は未整備のため通行止め。

●植物
・キタダケソウは、13日に満開。ウラシマツツジ、ミヤマキンバイがところにより満開。
・他に、オヤマノエンドウ、キバナシャクナゲ、シナノキンバイ、ミヤマハタザオ、ミヤマオンタデが咲き始め。

図1図2
落盤危険性のあった巨石が6月4日に崩落しました。(右)

図4図6
左はダメージを受けた桟橋。6月14日には復旧しました。

図7図8
キタダケソウは満開です。

図9図10
山荘の冬期支柱を外しました。屋外飲料水タンクを設置しました。

図12図11
山荘看板を設置しました。間ノ岳山頂からの眺め(右)


2018年6月12日

北岳山荘周辺情報(臨時) ~平成30年6月11日~ 提供元 北岳山荘

【天候】  全方位100m  最低気温 2℃  最高気温 12℃
 9時  雨強し  8℃  風強し
15時  霧雨   10℃

【臨時情報】
大樺沢下部(広河原付近の御池小屋分岐点から二俣間)においては、既存の仮設橋老朽により、仮設橋の交換が安全上必要と判断しました。
このため今月下旬に行われるヘリコプター空輸により、仮設橋資材が現地に調達された後に、仮設橋が設置されるまでは大樺沢下部は通行ができません。整備が完了するまで、白根御池小屋を経由して登下山してください。
今月中の開通を目指しますが、梅雨入りしたこともあり、空輸が予定通りに行われることが困難な状況です。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

●広河原インフォメーションセンター 090-2673-2406(15日から 日中のみ)
●南アルプス市山梨県北岳山荘 090-4529-4947
  (15日より電話開設予定、8時30分から17時30分まで 予約不要)
●南アルプス市観光商工課 055-282-6294(平日8時30分から17時15分まで)

図7図8
仮設橋上部設置予定地(水量が多いと渡渉できません)

図1図2
渡渉せず左岸を直進すると落石多発地帯が2ヶ所あり、危険です。道は無く、足場も悪く時間もかかります。

図4図6
仮設橋下部設置予定地(水量が多いと渡渉できません)


2018年6月11日

北岳山荘周辺情報  ~平成30年6月10日  提供元 北岳山荘

【天候】  全方位 1㎞  最低気温 5℃  最高気温 11℃
  9時  くもり  10℃
 15時   雨    10℃

【北岳山荘情報(混雑予測等)】
・梅雨に入り晴れ間は少ないが、陽がでると暖かい。朝晩の冷え込みには防寒具が必要。
・各山小屋が準備で入り始めた。登山道の確認は最寄りの山小屋及び広河原インフォメーションセンターへ(15日以後)。

【登山道及び高山植物の開花状況】
●登山道
・暖かい日と雨の日が多く残雪は日々少なくなっている。台風5号による雨風の影響は後日確認。稜線上はアイゼン不要。
・北岳山荘と中白峰間で登山道が崩落しているが、歩行は可能。
・大樺沢の残雪は多いが、雪どけが早い。

●植物
・キタダケソウは、咲き始めている箇所が増えてきている。場所により八分~満開。
・他に、オヤマノエンドウ、キバナシャクナゲ、ミヤマキンバイ、ウラシマツツジ、クモマナズナが咲き始め。

図1図2
キタダケソウの蕾(6月5日撮影 左) 右は、キタダケソウの群生(6月7日撮影)

図5図6
左は中白根付近より北岳。 右は間ノ岳より北岳(6月9日撮影)

図3図4
残雪が多い北岳山荘。屋外には飲料タンクを設置しました。


2018年6月 4日

今年初めての北岳山荘情報をお届けします。
平成30年5月29日  提供元 北岳山荘

【天候】 最低気温2℃ 最高気温9℃
  9時  くもり  8.0℃
 15時  くもり  6.0℃

【北岳山荘情報(混雑予測等)】
・朝は氷点下になる日もあるが、少しづつ気温が上がってきている。
・稀に雪が降るが、積雪はない。

【登山道及び高山植物の開花状況】
●登山道
・大樺沢の残雪は例年並み。要アイゼン、ピッケル。6月下旬の装備については、雪の溶け具合による。
・現在大樺沢は落石多し。クレパス3箇所有り(観測史上最も早い出現と思われる)。
・大樺沢下部においては数箇所倒木があるものの、登山道自体に大きな損傷、崩落はない。
・全体的に、ほぼ例年並みに雪はあるが、水気の多い雪(春雪と思われる)が多いため、著しく雪解けが早い。
・他の登山道については未確認。
●植物
・キタダケソウは、満開に近い箇所がわずかにあるが、ほとんどがまだつぼみさえ出していない状況。
・キタダケソウの満開日は場所にもよるが、6月10~20日と推測。早まる可能性もある。
・他にオヤマノエンドウ、キバナシャクナゲ、ミヤマキンバイ、ウラシマツツジが咲き始め。

図7図8
八本歯のコルからの眺め(左 間ノ岳方面の残雪。 右 大樺沢の残雪)

図9図12
大樺沢上部の残雪

図11図10
大樺沢のクレパス(左) こんなに大きな落石がありました。

図1図2
図3図4
キタダケソウ群落地。咲き始めです。

図5図6
北岳山荘付近のウラシマツツジ(左)とミヤマキンバイ(右)


2017年10月25日

北岳山荘周辺の最新情報です。

【気象】 最低気温0 ℃ 最高気温1 ℃
  9時    雪 -1.0 /       15時    雪    -1.0
・現在北岳山荘付近で約20センチの積雪があります。今後増える可能性があります。日向はとけますが、日陰はとけません。
・25日の降雪により、標高2800m以上での降雪、積雪が確認されています。
・最高気温が1~3度の日が続いています。

・大樺沢上部(標高2700m)より上は積雪があります。平均約20センチです。 
・大樺沢上部(標高2800m~2900m)においては、沢水が凍っています。降り積もった雪も凍り、十分な注意が必要です。 
  ・稜線より上部(標高2900m~3100m)においては、20センチ以上の積雪があります。日陰の雪はとけることはありません。 
  ・大樺沢より下部(標高2300m以下)においては、台風の影響により増水しています。今後雪解け水も加わります。 
  ・週末に台風接近が予想されており、大樺沢下部はさらに増水する見込みです。 
  ・台風通過後には、気温が低くなることが予想されており、降雪を伴う可能性があり、さらに積雪量が増える可能性があります。 
  ・これらのことから、北岳登山には、広河原から大樺沢を通らず、白根御池小屋への尾根道を歩いてください。 
  ・白根御池小屋から上部については、ピッケル、アイゼン(10本以上)、及びその使用技術が必需です。

【   登山道及び高山植物の開花状況】 
  ●登山道
・白根御池小屋及び大樺沢二俣より上部の歩行には、アイゼン(10本以上)・ピッケル、及びその使用技術が必要です。 
  ・八本歯のコルから北岳山頂方面へ登る途中から、北岳山荘へトラバースする通称「トラバース道」において、落盤の可能性がある箇所があります。このため、安全が確認されるまで通行止めになっております。 
  ・八本歯のコルを登下山に利用する方は、吊尾根分岐点のある稜線を経由してください。

  ・北岳山頂を経由し、北岳山荘や間ノ岳へ行かれる方は、登下山ともに稜線を歩いてください。
  ・大樺沢下部は増水しています。登下山ともに白根御池小屋~広河原の尾根道を利用してください。 
    ●植物 (紅葉)
・紅葉は1,800m以下まで下りています。今週中頃には広河原まで紅葉が下りると思われます。 
  ●各山小屋の営業予定・状況
                  ・肩の小屋・・・11月2日宿泊まで
                  ・白根御池小屋、広河原山荘、北岳山荘・・・11月4日宿泊まで 
                              ・農鳥小屋、大門沢小屋、両俣小屋、熊ノ平小屋、塩見小屋・・・営業終了      

図1図3 
左...10月25日 大樺沢上部
右...10月25日 トラバース分岐点(標高3,000m)

図4図5 
左...10月25日 北岳山荘周辺 右...10月26日 間ノ岳方面

図6図7 
左...10月26日 北岳方面 右...10月26日 稜線

図2 
10月25日 大樺沢上部


<<前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次のページへ>>