南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

古長禅寺のビャクシン



 古長禅寺は正和5年(1316)に夢窓国師が本尊釈迦如来を安置、禅刹を興したことに始まる。このビャクシン自生地は「お釈迦堂」と呼ばれており、開山当時四天王をかたどり、旧客殿前庭の四隅に約十メートルごとに植樹され、通称「夢窓国師手植えの四つビャクシン」とも呼ばれている。樹齢約700年。

詳細
  • 活用と保全の留意点/現状で利用可能
    駐車場無し。南アルプス市役所甲西支所から徒歩3分です。
  • 関連施設/古長禅寺
  • 法指定の状況/国指定特別天然記念物
  • 住所・連絡先/山梨県南アルプス市鮎沢1509 南アルプス市教育委員会 055-282-7777