南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

2020年1月15日

どんど焼き

小正月の1月15日に行う無病息災・五穀豊穣・家内安全等を祈る伝統行事です。道祖神様を梵天やオヤナギで飾る地域もあります。
竹や木で作ったやぐらを正月飾りの門松や松飾りと一緒に焼いて、歳神様を空へとお送りします。
どんど焼きの煙に当たることで1年健康で過ごせる、灰を家の周りに撒くことで魔除け・厄除けになると言われています。
米粉で作ったお団子をどんど焼きで食べると、虫歯にならないと言われていますが・・・砂糖醤油で食べると美味しいですね。

人々の生活環境が変わり、小正月当日にどんど焼きを行うところは少なくなり、3連休中に行う地域が増えてきました。
数日前から竹を取り、梵天を作り、1日がかりで道祖神様を飾りやぐら作り。昔に比べ簡素化された部分もありますが、多くの人が携わり、皆で火の周りを囲み、子供たちが楽しみながらお団子を焼いている姿を見ると、無くなって欲しくない行事の一つだと改めて感じました。

IMG_3550IMG_3577

お正月飾りと一緒に燃やすやぐら                      道祖神様の飾り

IMG_3555IMG_3568

火入れの様子                                     熾火になったところでお団子を焼きます

IMG_3587IMG_3579

芦安地区のやぐら

82444897_2625778481038534_4260988108914294784_n82863160_2528596244048696_115521877094432768_n 

芦安大曽利地区の道祖神様                          木偶(デク)と刀