南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

2018年10月 6日

「六角堂」例祭

沢登「六角堂」の例祭(切子)

「切子」とは、薄手の三濃和紙を10枚~15枚重ね、一番上に描いた下絵に沿って絵柄を、切出しやつきのみという手作りの刃物で切り抜く、すかし絵です。
沢登地区に伝わる切子は、300数年前の寛文年間には、既に村人たちが代官に献上していたとも伝えられ、山梨県の無形民俗文化財に指定されています。
毎年10月13日、如意輪観音と聖徳太子を祀る「六角堂」の例祭が行われます。作成された切子を六角堂に奉納し、審査が行われ等級がつけられます。
当日は、他にも野菜の即売や子供神輿、民謡おどりやビンゴ大会など様々な催し物があります。
子孫繁栄や五穀豊穣の願いが込められた "切子" を是非一度ご覧ください。

【六角堂祭典】

日時  10月13日(土)13時~
場所  沢登六角堂(南アルプス市沢登663)
内容  野菜即売 13:00~
     子供神輿 15:30~
          子供相撲 16:30~
          民謡踊り  18:30~
     津軽三味線 19:30~
※駐車場:沢登区公会堂南側(場所はこちら

kiriko

IMG_8605DSC01043
IMG_8587IMG_8596