南アルプス市観光協会
| English | 简体中文 |

2018年7月 5日

北岳山荘情報 平成30年7月4日(水)

週末における北岳山荘の利用自粛をお願いいたします

●天候
  9時  雨    気温11.0度
 15時  雨強し   気温10.0度

●山荘情報
 7月7日(土)~毎週土曜日は150名を超す宿泊者の予想。3連休の初日及び中日は大混雑が予想されます。夜寝れません。
山小屋は避難小屋としての役割があり、訪れた全ての方宿泊を受入れなければなりません。混雑のため夜眠れず、翌日の事故に繋がる事例が複数生じました。
安心、安全、安眠を提供すべき山小屋の使命が果たせない状況から、全ての登山者によるお互いの安全確保のため、週末の利用計画変更をお願いしております。

変更可能な方におかれましては、週末における北岳山荘の利用自粛をお願いいたします。

登山道の確認は広河原インフォメーションセンター090-2673-2406 または最寄りの山小屋へ。

●登山道
・八本歯のコル~北岳山荘間の通行止めが解除。
・大樺沢下部(白根御池小屋分岐点~二俣間)の通行止解除。
・大樺沢二俣から上部二俣間は一部夏道が出始めているがアイゼン必要。なお、雨天時及び雨上がり直後は落石多く、危険のため歩行はしないこと。
・7月2日、大樺沢中腹にて軽アイゼンによる滑落事故発生。雪上歩行に慣れない方は立ち入らないこと。
・大樺沢上部の尾根取付き(八本歯のコルに至るはしご帯の取付き)においては、30m程登山道が崩落しており、足元が不安定のため下山時の利用は危険。登る際も十分な注意を。雲が多く、救助ヘリが飛べない日が多いです。
※ 北岳山荘利用する場合、または間ノ岳を往復する場合、キタダケソウ等植物を観察した場合において、下りルートとして北岳山頂経由を強くお勧めします。
・北岳山荘と中白峰間で登山道が崩落しているが、歩行は可能。

●植物
キタダケソウは咲き残りあり。多くはありません。シナノキンバイ満開。他ミヤマオダマキ、ミヤマムラサキ、ミヤマガラシ、コイワカガミ、キバナノコマノツメ等

2

7月1日(日) 梅雨の明けた北岳

3

6月26日(火) 大樺沢中腹

ところどころ夏道が出ている。要アイゼン。

 

 


4

6月26日(火) 大樺沢上部

夏道は出ているが足元は悪い。


5

7月3日(火) 3週間遅れの空輸作業

 

 

 

 

image

7月3日(火)

入山時の積雪が嘘の様な山荘玄関前。

雪はわずかに周囲に残っている。